厄介者

29.04.07. 石橋正二郎
「一個人として如何に優秀でも、他人と仲良く働くことのできぬ人は
集団生活において 一番 厄介な人である …」
 
石橋正二郎 (ブリジストン創業者 1989.2.1.~1976.9.1.)
 
 
 
こういう方、時々 居られますけど
机を並べて いっしょに仕事したくないなぁ …
 
 

吉川 英治

「行き詰まりは、展開の一歩である」
 
吉川英治 1892年8月11日 ~ 1962年9月7日
‹gì‰pŽ¡
 
友人A君は企業家で その規模は 当社の比較対象外。
高級旅館を核事業とし、バックパッカー向けのゲストハウス
さらに ワインバーに 高級割烹まで 開業した。
 
その彼の話 …
15年前 某地銀から土地180坪を 約1億5000万円で購入した。
銀行の所有する保養所跡地で A君所有地の一つはさんで 隣地。
金利2.5%の固定、そして 手貸で 元金返済は とやかく言わない
という話だった … A君自身は これ以上の借金は ヤバイと考え
しぶっていたが、親の強い勧めで 購入を決めた。
 
8年経過した頃、銀行側から 2.5%では もう無理です。
3.75%に させてもらいます と一方的に言われた。
A君は「約束が違う!」と 言ったが、「永久に2.5%などとした
書面も交わしていないし、ご不満なら 一括返済して下さい。」
担当行員は 言い放った。
A君は これが銀行かと … メインバンクから このような扱い、
まさに 煮え湯を飲まされた気分 だったという。
 
返済は順調だったが、設備投資をする為 借金のトータルは なかなか減らず
それは 年商よりも多く、金利負担が増えた分 逆風になった。
この頃は 決算もトントンか やや赤字が続いていた …
 
しかし インバウンドの急増や 彼自身の柔軟な思考と頑張りにより
徐々に 財務は改善し、今期は 欠損金も無くなり 経常利益4%と
ナカナカの決算となった。
そんな折、昔馴染みの行員と出合い 借り換えの相談をした …
話はとんとん拍子、総借入の90%を 借り換えた。
金利は1.7% 利息だけで年間200万超の差!
 
借り換えられた 地銀支店長の顔を 見せたかった … と
笑いながら 言ってました。
 
正に 借りを返したってことですネ …
┐(^ ^.)┌
 
 

辰吉 丈一郎

不安だから、
先が見えないからと言って
立ち止まっていたのでは、
誰も動いては くれない。
  
自分の意志を 行動で示してこそ
周囲も 目を向けてくれるものだ …
29.03.07. 辰吉丈一郎

1970年5月15日生まれ (46歳)
通称 浪速のジョー
 
エピソード
公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに出演し
「いじめはすごかったですよ … 親が泣くくらいでしたからね。」
などと幼年期に自身が いじめに遭っていた事実を告白しているが、
いじめを克服した後、小学生から中学生時代までにやった喧嘩では負け知らず。
不良少年としての”武勇伝”は今でも伝説になっているという。
 
中学時代は皆勤賞、3年間一度も欠席がなかったというが その頃、
下校途中にヤクザに車を横付けされ からまれたことがある。 
その時、「おっちゃん、そんなにすごまんとってぇや」 と
言いながら車に近づき、隙を突いてキーを抜き取り 道路脇の草むらに向かって投げつけ
笑いながら 走って逃げたことがあるという …
 
 
これは、あかんやろ … ε=( ̄。 ̄;)フゥ
 

星野富弘

29.03.05. 星野富弘
「暗く長い土の中の時代が あった。
命がけで芽生えた時も あった。
しかし草は、そういった昔を 一言も語らず
もっとも美しい今だけを 見せている … 」
29.03.05. 星野富弘 2.
群馬県勢多郡東村(現 みどり市) 出身 70歳
詩人 随筆家 画家
1946年 – 群馬県勢多郡東村(現・みどり市)に生まれる
1970年 – 群馬大学を卒業し、中学校の体育教師になるが、
公務災害(クラブ活動の指導中の墜落事故)で頸髄を損傷、手足の自由を失う。
1972年 – 群馬大学病院入院中、口に筆をくわえて 文や絵を書き始める。
 
 

ディズレーリ

「どのような教育も 逆境には及ばない …」
29.02.04. ディズレーリ
• 1804年12月21日~1881年4月19日 (76歳没)
• 出身地:イギリス ブルームズベリー
• 設立団体:保守党
 
初代ビーコンズフィールド伯爵 ベンジャミン・ディズレーリは、
イギリスの政治家、小説家、貴族。
4回の選挙に落選を経験し、また ユダヤ人でありながら 
保守党 党首に上り詰めることに成功し
2期にわたって 首相を務めた。
 
 

桂 小金治

「一念発起は誰でもする。 努力までなら みんなする。
そこから一歩抜き出るためには、努力の上に辛抱という棒を立てろ。
この棒に 花が咲く …」
桂 小金治 1926年10月6日 – 2014年11月3日(88歳没)
28-12-12-%e6%a1%82%e5%b0%8f%e9%87%91%e6%b2%bb%e3%80%80%e8%8b%a5
エピソード
『アフタヌーンショー』に司会者として出演するようになったきっかけは、一件の交通事故に出くわしたことだった。
1965年5月4日、家族で房総半島にドライブへ行ったその帰り、途中で小学生を 車を停めて渡らせてあげていたが、後ろから軽自動車が、小金治の車を含む 停まっていた3台を追い越して走行し、この小学生にぶつかってしまった。 
小学生2人は怪我をし、小金治はその小学生の入院先に見舞いに訪れていた。 
その時に小金治は小学生から 「あのお兄ちゃん(軽自動車のドライバー)も謝っているから、あまり お兄ちゃんのことを怒らないで…」
と言われたことに感銘を受け、涙ぐんだことがあった。
 
この時から小金治は 交通事故防止キャンペーンに力を入れようと思い立ち、どこかアピールの場は無いかと探っていたところ 「テレビで話してみたらどう」 と妻に後押しされたことから、番組『木島則夫モーニングショー』に出演、このエピソードを涙ながらに話した … これが モーニングショーのスタッフに 「すごい反響です!」と言われ、後に後任司会者を探していたアフタヌーンショーから 「あの時の正義感を以って 出ていただきたい」 とオファーを受け、最終的に引き受けて 以後8年間アフタヌーンショーの司会を務めた。
2018-12-12-%e6%a1%82%e5%b0%8f%e9%87%91%e6%b2%bb%e3%80%80%e5%b9%b4
さてさて、当館 鼓松は 10/19~12/11(昨日)まで 怒涛のような54日間でした!
明日から大晦日&元旦の昼宴会まで そこそこの忙しさにて 営業致しますが
気分的には一段落です。
正月の休みは 遠い昔にありましたが、いつ頃だったか 記憶から 消えております …
多分、20数年ぶり? この元旦夜~1/4 まで休館とさせて頂きます。
 
 

サマセット・モーム

28-10-15-%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%a0
「良い妻というものは、夫が秘密にしたいと思っている些細なことを 常に知らぬふりをする …
それが 結婚生活の礼儀の基本である。」
 
ウィリアム・サマセット・モーム
1874年1月25日 – 1965年12月16日 イギリスの小説家、劇作家 91歳没
 
名言ですネ。
 

悪口

「悪口は、脅威を感じている人に対して言うのです。
つまり、あなたに悪口を言う人こそが
あなたの実力を いちばん評価している人なのです …」
  
中谷彰宏(作家・俳優)1959年4月14日生まれ 57歳
28-09-24-%e4%b8%ad%e8%b0%b7%e5%bd%b0%e5%ae%8f
私も よく言われました … 昔 … みたいな
 
 
 

ザ・グレーティスト

「何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ 成し遂げることはできない …」
モハメド・アリ 1942年1月17日~2016年6月3日 74歳没
28.06.07. モハメド・アリ
1996年7月19日、アトランタオリンピックの開会式では
聖火台の点火者は 当日まで秘密にされていたが、女子水泳選手の J・エバンスが
点火台まで聖火のトーチを運び上げた時、アリは 彼女からトーチを受け取り
病気のため震える手で 点火用のトーチに火を点けた。
 
この時、1960年のローマオリンピックで金メダルを得て 帰国直後に
レストランにて黒人である事を理由に 入店拒否され、メダルを 川に捨てたという
エピソードが紹介され、改めてアトランタの金メダルが 彼に贈られた。